晴耕雨読

新潟県・佐渡ヶ島に移住した、古民家に住むおひとりさまの島暮らし

宮里様邸

古民家探訪(佐渡)・ 住宅編①古民家を愛でることを趣味とする古民家ヲタク・古民家鑑定士の筆者による古民家探訪の記録。佐渡の古民家の魅力を活かした暮らしや楽しみ。それらを味わい尽くす人達の物語をご紹介。 新穂にある宮里様邸は、佐渡の古民家を大胆…

雪国の洗礼~雪かきで全身筋肉痛~

1月14日、島にも最強寒波がやってきました。自宅を一歩出たらこの白さ。これから仕事行くんですが・・・。わが家は佐渡で一番の繁華街を有する佐和田地区。街から5分山に進んだだけでこの雪。膝丈ほどとはいえ敷地内が完全に埋まりました。 結局実家から父…

Instagram はじめました

Instagramをはじめてみました。気まぐれです。 面白いのが#ハッシュタグ。キーワード検索の様なもので例えば「#佐渡」で検索すると、繋がりのない人の佐渡での「素敵な島旅」や地元の人による「なにげない風景」が切り取られていて楽しいのです。 ブログと…

紅ズワイガニ、一杯200円。

今夜の夕食はこちら。佐渡沖の紅ズワイガニ。足が欠けているせいかお安くげっと。いつもよりちょっと格上で一杯約400円。おそらく旅館の夕食だったら追加メニューで1品3,000円級の大きさです。身はみっしり。カニみそもたっぷり。美味なり。 購入先は佐渡・…

民藝をめぐる島旅~佐渡の竹細工~

佐渡は陶磁器・竹細工・鋳物・織物 etc..と民藝品が溢れる島。島独自の風土、情緒、習慣から生まれた生活の道具たち。その質の高さ、美しさはまさに「用の美」。それらがごく自然に暮らしの中にある豊かな島です。そんな佐渡の民藝をめぐる旅はいかがでしょ…

365日フルーツを。果物王国・佐渡のおすすめ無人直売所へ。

365日、新鮮でおいしいフルーツを味わえる。そんな夢のような島があるんです。 恵まれた気候の佐渡は多種多様な果物が栽培できる「果物王国」。りんごの南限、ミカンの北限とも言われる奇跡の島なのです。島外でも高評価かつ流通しているのは、おけさ柿・ル…

毎日が温泉♨

古民家や民藝品が好きな私ですが、もうひとつの趣味は「温泉」。肌荒れに悩んだ24歳頃から温泉の力に魅了され、以来木造建築宿や足元自噴泉を中心に巡る「温泉ひとり旅」をしてきました。温泉ソムリエ、温泉観光士にも認定されています。佐渡に帰ってきて…

島が舞台のトライアスロン大会

今日は佐渡全島が舞台のトライアスロン大会。全国海外からアスリートが集まる国際的な一大スポーツイベント。ノーカーデーに協力して、ネットLIVE中継でひきこもりながらの応援です。 大会はグラデーションの美しい佐和田海岸でのスイムからスタート。トライ…

大家さん来島。8LDK大掃除の巻。

ここにきてなぜか暑さが増してきた佐渡。ついに扇風機とお友達に。もちろんエアコンはありません。それでも涼しく過ごせるのが古民家の良さ。 今日は大家さんが来島され少し寄るとのことで、いつもより丁寧に掃除。といっても我が家は8LDK。(正確には10…

蘭寿様の誕生日なのでヅカヲタ時代を振り返ってみる

こんばんは、元ヅカヲタの撫子です。数年前まで趣味は「宝塚」でした。贔屓は元花組トップスター・蘭寿とむ様。今日は愛する蘭寿さんの誕生日なので、ヅカヲタ時代の思い出を綴ってみます。 一番お気に入りの写真 思いで深いのは2014年。蘭寿さんの退団と宝…

am4:50 朝のお散歩

目が覚めると、窓の外が黄金色。朝 焼 け だ ! !カメラを持って駆け出す。陽が遠い。すぐに車に乗り込んで光の方へ走らせる。刻一刻と変わる天体ショーに心が躍る。 国仲平野に出ると、そこにあるのは美しい田園と朝日だけ。遮るものは何もない。透明感の…

誰かにとっては特別な佐渡ヶ島の夏

夏ですね。慢性的な疲れに加え、仕事の悩みで小さくなっている撫子です。サービス業のため夏休みはありません。はははやっとこさ職場を出ると空が染まり始めている。そんな日は海へ引き寄せられてしまう・・・ 癒しの佐和田海岸。お盆も近づき、いつもの海も…

古民家で寝ころぶ休日

清々しい佐渡の夏。すべての窓を開け放つと、心地良い風がすーっと通り抜ける。 光をいっぱい浴びて、畳でごろん。そうそう、こういう休日を過ごしたくて田舎に移住したんだったなぁ。 ちなみに残念ながら、我が家からは開放的な景色は見えません。母屋が二…

古民家風カフェで着物ランチ

着付け教室のあと皆でランチへ。行先は、スイーツの美味しい古民家風カフェ「妙生庵 田」。 雨のあと。しっとりとした佇まいの建物に着物がよく似合います。 こちらのカフェはランチはカレー1品のみ。かわいらしい前菜にときめき、おしゃべりもはずみます。…

道楽の店 「優游亭 」にて、春の訪れを味わう

古民家探訪(佐渡)・ 店舗編①古民家を愛でることを趣味とする古民家ヲタクの筆者による古民家探訪の記録。佐渡の古民家の魅力を活かした暮らしや楽しみ。それらを味わい尽くす人達の物語をご紹介。究極の道楽の店、優游亭。 納屋が期間限定のギャラリーに。…

プロフィール

はじめまして、撫子(なでしこ)と申します。 新潟県・佐渡ヶ島出身。 「なんにも無い島...」と高校を卒業後上京。そのまま東京で就職して11年。温泉や海、お寿司に果物、古民家や民藝品 etc..「好きなものすべてが佐渡にある!」と故郷の魅力に改めて気付…

移住して1年。田舎暮らしは忙しい。

1年前の今日、2015年3月3日。佐渡ヶ島にUターンしました。11年前の2004年、島の高校を卒業して進学のため上京。島を出たくてしょうがなかった18歳の私。また佐渡で暮らす日が来るなんて考えもししませんでした。価値観は変わるものですね。 …

【避難勧告】寒波襲来のため実家でぬくぬく

久しぶりの雪。 といってもこの冬佐渡は暖冬らしく、どさ雪は4回くらい。すぐ消える淡雪の日がちらほら。たいしたことはありません。 ひとり暮らしをしている地域は雪深いため、本日街に近い実家から避難勧告が発令されました。生活道具一式を持ち込み数日…

地方で働くことを選んだ理由。「働き方」は変えずに「暮らし方」を変えたかった。

2015年3月、東京で働くことを辞めました。 大学進学のため島を離れ、東京で社会人になり20代を終えました。職歴は、アンティーク家具屋 → 官公庁で一般事務。その時々の価値観に正直に生き、結構ふらついた人生です。独身で正職員でもバリキャリでもなかっ…

1年前の今日、東京で働くことを辞めました

1年前の今日、2015年2月27日。3年間勤務した東京・霞ヶ関を去りました。 非常勤のしがない官製ワーキングプアでしたが、仕事内容と環境が自分に合っていてとても居心地の良い所でした。驚くほど盛大に見送られ、去るのが名残惜しかったことが思い出されま…

空と海のある暮らし 

島暮らしの恩恵。 いつも海がそばにあること。 仕事を終えて職場を出ると、空が染まり始めている。そんな時はすぐに海に駆け出してしまう。↑の動画は職場を出て30秒の景色。早く帰れた日の幸せ。 高校時代に放課後青春を過ごした場所と、大人になって仕事…

杉っ葉の来襲

さわやかな秋晴れの日。秋も美しい佐渡。 最近の気温は10~15℃。寒くて寒くて石油ストーブを点け始める。ところが一歩外に出ると心地よい陽の暖かさ。 あれ? 家 の 中 の 方 が 寒 い。 古民家あるあるでしょうか。 防風林に囲まれている我が家。強い秋…

島暮らしも8ヶ月目。理想と現実のバランス。

気が付けばもう11月。お久ぶりのブログ更新です。歳月流るる如し。 憧れの田舎暮らしを始めたものの、現実は転職した仕事になかなか慣れず疲弊しております。毎日が驚きの連続なのに、ここに書き残せないのが悔やまれます。移住前は、田舎に行けば「晴耕雨読…

空家の大掃除

古民家は寒い。3月、家の中でもダウンを着て過ごすほどの冷気。入居早々、寒さと闘いながらの大掃除が始まりました。仕事が始まる4月までに「普通の生活」ができることを目指して・・・ 約1年空家だった我が家。一部床から草が生えてきている所があるくら…

29歳OL。古民家暮らしはじめました。

古民家で暮らしたい!これも東京を出た大きな理由の一つです。 Uターンと言えども始めから実家に住む気はなく、就職先と同時に古民家物件を探し始めました。結果、タイミングにも恵まれ素晴らしい賃貸物件にご縁がありました。早速我が家をご紹介致します。 …

仕事をしながらの引越し準備が苦行すぎる

荷造りが終わりません。 2月27日(金)で退職し、3月2日(月)に退去。 という無謀な計画をたてたばかりに引っ越し準備が間に合いそうにありません。 準備を進めようと有給を消化して時間を作るものの、ありがたいことに連日続く送別会で休日は心身ともにぐ…

はじめに

はじめまして、撫子(なでしこ)と申します。 早朝の田んぼ道(国仲平野 / 2013年夏撮影) 新潟県佐渡ヶ島出身、横浜市在住。 東京霞が関で働く官製ワーキングプアです。 趣味は、観劇(主に宝塚)と温泉ひとり旅。 愛読書は谷崎潤一郎の『陰翳礼讃』。好きな言…