読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

晴耕雨読

新潟県・佐渡ヶ島に移住した、古民家に住むおひとりさまの島暮らし

1年前の今日、東京で働くことを辞めました

 

1年前の今日、2015年2月27日。
3年間勤務した東京・霞ヶ関を去りました。

 

非常勤のしがない官製ワーキングプアでしたが、仕事内容と環境が自分に合っていてとても居心地の良い所でした。驚くほど盛大に見送られ、去るのが名残惜しかったことが思い出されます。

    f:id:seikouudoku-sado:20160227235337j:plain 

お昼休みに華道を習っていた私にと、信楽焼の花器を贈ってくれた係の皆。少し大きかったので今は傘立てとして大事に使わせて頂いてます。

        f:id:seikouudoku-sado:20160228234603j:plain

 

 

毎日利用していた乗換えの中目黒駅霞ヶ関駅

f:id:seikouudoku-sado:20160228001755j:plain f:id:seikouudoku-sado:20160228005954j:plain

 

「仕事が決まればUターン」と決め佐渡で就職活動を始めていた矢先、ありがたいことに次の就職先を所属長よりご紹介して頂きました東京での就職先も思いがけず確保。「東京か佐渡か」この時点で一瞬気持ちが揺らぎました。ただ佐渡での就職活動先の最終面接が終わり内定が出る前の打診だったので少しだけ時間を頂いて、内定が出た後「よし、帰る!」と決意し紹介の仕事は辞退させて頂きました。

 

結果。
東京で働き続ける選択肢もありましたが、私は地方で働くことを選びました。

そのお話はまた次回。