晴耕雨読

新潟県・佐渡ヶ島に移住した、古民家に住むおひとりさまの島暮らし

am4:50 朝のお散歩

目が覚めると、窓の外が黄金色。
朝 焼 け だ ! !
カメラを持って駆け出す。陽が遠い。
すぐに車に乗り込んで光の方へ走らせる。刻一刻と変わる天体ショーに心が躍る。

f:id:seikouudoku-sado:20160812004212j:plain

国仲平野に出ると、そこにあるのは美しい田園と朝日だけ。遮るものは何もない。
透明感のある光。心も身体も浄化されるような眩しさ。

f:id:seikouudoku-sado:20160812004227j:plain

約30分の朝ドライブをして帰宅。
どこかで美味しい朝食を♪と思ってもまだ早すぎるam5:30。
6時になったら近くの三太郎農園さんに果物が並び始める。
これも朝のお楽しみ。


 
山の日なので、近所のお気に入りの道と金北山を一枚。f:id:seikouudoku-sado:20160812005132j:plain 
自宅隣の田んぼ道。遠くに海が見える。
f:id:seikouudoku-sado:20160812004643j:plain

休日はどうしてこんなに目覚めが良いんでしょう?
やりたいことがありすぎるせいか、すっきり早起き。

 

平日も、朝散歩で1日頑張れる活力が湧いてくるかもしれない。
でも私は知っている。その行為は危険すぎることを。
なぜかって、仕事に行きたくなくなるから。
気持ち良すぎてこのままどこかへ出掛けたくなるのです。
これぞ田舎の誘惑。