読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

晴耕雨読

新潟県・佐渡ヶ島に移住した、古民家に住むおひとりさまの島暮らし

365日フルーツを。果物王国・佐渡のおすすめ無人直売所へ。

365日、新鮮でおいしいフルーツを味わえる。
そんな夢のような島があるんです。

恵まれた気候の佐渡は多種多様な果物が栽培できる「果物王国」。りんごの南限、ミカンの北限とも言われる奇跡の島なのです。
島外でも高評価かつ流通しているのは、おけさ柿ルレクチェ(洋梨)ビオレソリウス(黒いちじく)くらいですが、地元のスーパーや直売所では年中佐渡産の果物で溢れています。

 f:id:seikouudoku-sado:20160907001435j:plain


私にとって果物はお寿司に次ぐ好物で、毎日でもいいくらい好き!
東京にいた頃は「果物は贅沢品」。高いけど食べたくていつどこで加工されたかも不明なカットフルーツやB級品を購入するのがせいぜい。
6,000円もする千疋屋「世界のフルーツ食べ放題」も行きましたが、同レベルの食べ放題が佐渡では(個人的に)毎日開催されています。しかも安い!いただきものも多い!高級品に匹敵するくらい、新鮮で高糖度の果物が味わえていると実感しています。旬のもの、もぎたてをみずみずしいまま頂く。なんて幸せなんでしょう。

 

そんな佐渡の安くて美味しい果物や野菜が一年中並ぶおすすめスポット。
無人直売所「三太郎農園」さん。

f:id:seikouudoku-sado:20160906235750j:plain

f:id:seikouudoku-sado:20160906235818j:plain

f:id:seikouudoku-sado:20160906235843j:plain

f:id:seikouudoku-sado:20160906235908j:plain
桃が終わり、今は梨とぶどうが連日並んでいます。小玉6個で100円!なんて商品も。

 

6月頃は色とりどりのバラが咲き、美しい道に。f:id:seikouudoku-sado:20160906235937j:plain

こちらが年間予定表↓ 一番近いフルーツ天国がここに!f:id:seikouudoku-sado:20160907000005j:plain
果物が並ぶ朝6:00~6:30にはすでに多くのファンが集まります。
自宅から車で2分。2日に一回は小銭を握りしめて立ち寄ってしまいます。


 今は毎日いちじくを食べてます。
365日絶え間なくフルーツを楽しめるしあわせ。

 

三太郎農園
〒952ー1212 新潟県佐渡市泉乙803ー1(金井地区)